働き方改革

働き方改革 · 2019/05/03
働き方改革関連法には「客観的方法による労働時間把握の義務化」が盛り込まれました。 労働者の「健康管理」という観点から労働時間の把握義務化が、労働基準法ではなく「労働安全衛生法」の条文に加えられ、把握する対象者は、一般の労働者のみならず管理監督者や裁量労働制の適用者にも適用されることとなります。 これまで以上に管理が必要となる労働時間について、法令に遵守し、事務コストを削減するサービスを展開いたします。
働き方改革 · 2018/11/10
2019年4月から、次の場合に医師による面接指導を実施することとなります。 ①1か月の時間外・休日労働が80時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められると従業員が申し出た場合 ※改正前:100時間⇒改正後:80時間に変更 ②特別条項付36協定の健康確保措置で、医師による面接指導を選択した場合...