名古屋で助成金を申請したい中小企業事業主様は、名古屋SYB社会保険労務士事務所が成功報酬8%~と安心報酬でサポートさせていただきます。

※顧問契約・土日限定対応の場合です。顧問契約がない場合は、着手金24,000円・成功報酬16%となります。

助成金・補助金の活用例


来店者が快適に過ごせるようトイレを改修して、滞在時間アップ

小規模事業者持続化補助金


お店での滞在を快適にすることで、お客様により長く滞在してもらえればと考え、店内のトイレを改修。併せて、浴衣を着た外国人の方に対し、トイレのわかりやすい使い方の案内表示などにも工夫をしましたことで、滞在時間がアップし、売上が向上した。



契約社員や派遣社員・パート・アルバイトを正社員や無期社員に転換し、57万円受給

キャリアアップ助成金(正社員化コース)


契約社員や派遣社員・パート・アルバイトを正社員や無期社員に転換した場合に 1人転換するごとに1人当たり57万円(年間最大1080万円)助成されます。

◆支給額

①有期→正規  1人当たり57万円<72万円>

②有期→無期  1人当たり28万5千円<36万円>

③無期→正規  1人当たり28万5千円<36万円>

*<>は、生産性の向上が認められる場合。

*1事業年度あたり最大15人まで申請でき、かつ最長5年間まで適用。



長時間労働の見直しのため、働く時間の縮減に取組み、150万円を受給

時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)


平成31年度又は平成32年度に有効な36協定の延⾧する労働時間数を短縮して、以下の成果目標いずれかの上限設定を行い、労働基準監督署へ届出を行うことで助成されます。

●成果目標

① 時間外労働時間数で月45時間以下かつ、年間360時間以下に設定

② 時間外労働時間数で月45時間を超え月60時間以下かつ、年間720時間以下に設定

③ 時間外労働時間数で月60時間を超え、時間外労働時間数及び法定休日における労働時間数の合計で月80時間以下かつ、時間外労働時間数で年間720時間以下に設定

◆支給額

以下のいずれか低い額

Ⅰ 1企業当たりの上限200万円

Ⅱ ①上限設定の上限額及び②休日加算額の合計額

Ⅲ 対象経費の合計額×補助率3/4※

※ 常時使用する労働者数が30名以下かつ、支給対象の取組で⑥から⑧を実施する場合で、その 所要額が30万円を超える場合の補助率は4/5

 

①上限設定の上限額

②休日加算額



勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで100万円受給

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)


勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図ることで助成されます。

●成果目標

・新規導入

 新規に所属労働者の半数を超える労働者を対象とする勤務間インターバルを導入すること。

・適用範囲の拡大

 対象労働者の範囲を拡大し、所属労働者の半数を超える労働者を対象とすること

・時間延⾧

 所属労働者の半数を超える労働者を対象として、休息時間数を2時間以上延⾧して、9時間以上とすること。

◆支給額

 

①新規導入に該当するものがある場合

②適用範囲の拡大・時間延⾧のみの場合



特別休暇を新たに導入し、50万円受給

時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)


病気休暇、教育訓練休暇、ボランティア休暇などの特別休暇を新たに導入することで助成されます。

●成果目標

① 年次有給休暇の取得促進交付要綱別紙で規定する、特別休暇の何れか1つ以上を全ての事業場に新たに導入すること

② 所定外労働の削減労働者の月間平均所定外労働時間数を5時間以上削減させること

◆支給額

対象経費の合計額×補助率※

 

◇上限額

・両方とも達成 100万円(3/4)

・成果目標①を達成し、成果目標②が未達成 50万円 (1/2)



新たに正社員・パートを雇い入れ60万円を受給

人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)


時間外労働等改善助成金の支給決定を受けた事業者が、新たに労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を図る場合に助成されます。

◆支給額

①雇い入れた労働者1人当たり 60万円 <さらに15万円>

②短時間労働者(週20時間以上30時間未満の労働者)1人当たり 40万円  <さらに10万円>

 

※<>は、3年経過する日以降に申請し、生産性要件を満たす(伸び率が6%以上の場合のみ)とともに、離職率の目標を達成した場合に支給

 



男性従業員の育児休業取得で57万円受給

両立支援等助成金


男性が育児休業を取得しやすい職場環境を整え、男性従業員の育児休業を5日取得した。



業務効率化の取り組みとともに、人事評価制度の整備して130万円受給

人材確保等支援助成金


IT機器の導入による業務効率化を図るとともに、頑張っている従業員を正当に評価する人事制度を整備した結果、生産性の向上・賃金アップと離職率が低下した。



就労経験のない求職者を試行雇用して12万円受給

トライアル雇用助成金


職業経験の不足などから就職が困難な求職者を原則3カ月間の試行雇用することにより、その適性や能力を 見極めるための試用雇用することにより助成されます。 労働者の適性を確認した上で常用雇用へ移行することができるため、ミスマッチを防ぐことができます。

◆支給額

最長3か月対象

対象者1人当たり 月額最大4万円( 最大12万円)

※母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合 月額最大5万円 (最大15万円)

※若者雇用促進法に基づく35歳未満の対象者 月額最大5万円 (最大15万円)


お客様の声


美容業のお客様


安心してお任せできました!

名古屋SYB社会保険労務士事務所の強みは、やはり助成金だと思います。

 

従業員の採用を考えていた頃、助成金をすかさず提案していただき、非常に助かりました。

 

最初に相談したときに熱心なお気持ちで丁寧に説明をしていただけたため、お願いしようと思いました。その後も要所要所で連絡を頂き、不慣れな助成金を完全サポートして頂きました。

 

今では、給与計算や労務全般をお願いしております。


介護・福祉業のお客様


サポートのおかげで、とてもスムーズに申請できました!

助成金は、多くの書類の準備が必要でかつ細かいと聞いていましたが、準備にあたっては、非常に親身になってサポートしてもらい、スムーズに助成金を受給することが出来ました。

 

弊社にとって最良の助成金を提案していただき、「こんな助成金があるなんて知らなかった!」と提案能力の高さに改めて驚きました。


IT関連業のお客様


担当者の助成金申請業務を大幅に効率化できました!

助成金は以前、自社で申請を行っていましたが申請書を何度も書き直し、担当者が膨大な時間を費やしていました。

 

名古屋SYB社会保険労務士事務所に依頼したところ、的確なアドバイスによりスムーズに申請できまた。また、連絡手段がメールやクラウド中心なのもムダな時間を削減できていると思います。

 

メールでも端的に分かりやすくアドバイスをもらえるため、大変助かっています。


助成金の申請をお考えの事業主様、まずはお気軽にご相談ください。