· 

週20時間未満の障害者雇用に対する特例給付金

現在の障害者雇用制度・障害者雇用納付金制度では、週所定労働時間が20時間未満の障害者を雇用しても、雇用率にはカウントされませんでした。

しかし近年、週20時間未満で働く障害者が増える傾向にあり、短時間であれば就労可能な障害者の雇用機会の確保を支援するため、特例的な給付金制度が創設されることとなりました。